2008年03月17日

スローハンド

ラーメン屋の壁に貼ろうとしていたジェームス・ヒルのサインだけど

彼の演奏を見ていたらもったいなくなった。

演奏は人間技とは思えない超・超絶技巧。

あまりの速さゆえゆっくり動いているかの様に見える指。。。スローハンド。

スローハンドといえばエリック・クラプトンの代名詞で彼の場合

左手の押し弦する方を指すんだけどJ・ヒルは左手も凄いが右手に魔物が棲んでいる。

一体あそこの弦の上で何が行われているのだろう。

真似しようなんて思うより、その凄さに笑える。

例えるならピンポンしか知らないぼくが卓球の愛ちゃんに本気でスマッシュ打たれて

「サーッ!」って言われ睨まれた時の「唖然」と「驚愕」に似ているかもしれない。
posted by kin at 00:49| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。