2020年06月07日

6

先日、ロト6の当たりだかハズレだか分からん券を5枚窓口に持って行った。

この頃は抽選日過ぎても何も確認せず、売場で見てもらっている。

売場の人が券を機械に入れると、当たり、ハズレが表示される。

いつもは大体ハズレる。当たっても千円。でも今回は様子が違った。

売場嬢「あら?!…、お客さま こちらご存知でした?」

見ると当たり1枚の下に高額当選の文字が光っている。

私「知り…ません…」

何等なのか聞きたかったが、この瞬間をもっと楽しもうと聞かなかった。

向こうも何も教えてくれない。

「高額当選の書類作りますので、少しお待ちください」

期待はどんどん膨らむし、何時間だって待つ。

そして、待つこと30秒。もう少し待っていたい様な気もした。。

「こちらにお名前、住所の記入をお願いします」

金額はまだ、教えてくれない。。

さて、いつ仕事を辞めてやろうかとか、

自分が生まれた年のギター欲しいなとか膨らむ夢の時間。

「こちらではお支払い出来ませんので、銀行の方へお願いします」

遂に聞いた!この夢のフレーズ。

そして、売場譲は急にひそひそ声になって紙を1枚見せながら…

「金額はこちらになります」と、その数字を指さした。 …つづく…
【関連する記事】
posted by kin at 20:00| 東京 ☀| Comment(2) | 生活の柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
KONNGURATTIREーSYOUNNZU‼

おめでとう🎉🎊㊗🍾

続きを、ドキドキしながら、お待ち申し上げています。
Posted by あき at 2020年06月08日 22:38
あきさん、たいした結末でなくて申し訳ない(^_^;)
Posted by kin at 2020年06月09日 06:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。