2007年07月04日

生まれて来たからには

年代物の楽器も使ってあげてのもの。
ガラスケースの中に閉じ込めてはいけない。たまには出して弾いてあげなければ・・。
堂ヶ島の加山雄三ミュージアムに行った時に他の楽器と一緒に古めのカマカのウクレレが展示されていた。
もう弾かれないのかと思ったら切なくなった。

特に楽器は弾かれて傷だらけぐらいの方が良い音を出す。
弾き込んであげれば見てくれは悪くなっても音は成長する。

何より現役でいることが大切なのだ!

masatacaさんの昨日の時計の記事を見て何となくそんな事を思った。
【関連する記事】
posted by kin at 21:30| 東京 ☔| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おっ〜兄さん、良いこと言いますね。
私のカマカウクレレも沢山弾いてあげなきゃです。
ちなみに私のウクレレ・・・
テナーは「メビウス」君
コンサートは「リボン」ちゃんという名前を付けてます。
兄さんのウクレレにも是非「命名」を(^^♪
Posted by masataca at 2007年07月05日 00:11
名前か〜。何が良いかな〜。。。
レイラニはレイラ・・あまりに単純。
よ〜く考えてみよう。
ありがとう!
Posted by kin at 2007年07月05日 06:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。