2018年10月16日

1016

大きな家が取り壊され、庭に植わっていた木々がカニのハサミみたいな重機で刻まれていた。

そこにとても大きな金木犀の木があったのだが、それも昨日消えた。

今朝も、なんの木か知らないが大きな花をひとつ咲かせたまま真ん中から折られてダンプに乗せられていた。

青い空に赤っぽい花がきれいだったけど、痛かったろうな...
posted by kin at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | 生活の柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。