2010年03月21日

和太鼓

午後は和太鼓「祭座」の15周年記念公演へ。


座長は仕事の後輩。心意気も顔も申し分なし。


筋肉質の上半身裸でバチを持ち大太鼓を打つ姿は男も惚れてしまうほど。


7歳から57歳までの老?若男女が太鼓を打ち鳴らす姿は見ていて清々しい。


ひとつの太鼓でも打つ場所であんなにも音が変わるなんて。

約3時間の和太鼓の世界、素晴らしかったです。

posted by kin at 21:47| 東京 ☀| Comment(2) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太鼓。太鼓。太鼓あ〜ぁ太鼓。
懐かしい響きのある言葉。 

和太鼓から離れてもう何年だろ。
練習は超ハードで、きつかったけど、仲間との共演はよい想い出。 
あの興奮は忘れない。

持病の椎間板ヘルニアが悪化し、またリーダーの都合もあり、やむなく辞めてしまったけど。 

今でも思い出す、熱き太鼓の響き。身体の奥まで 音が振動し内臓が 震えだすあの感動!

懐かしいなあ。 
いいですよ(^ω^)
やっぱり太鼓って!
Posted by さつき at 2010年03月21日 22:15
さつきさん
良かったですよ!太鼓。
すごい体力ですね。あの人たちは。
あれだけ叩けば太れないと思います。
太鼓の魅力が少し分かった気がしました。
Posted by kin at 2010年03月22日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。